ホームボタン
引越しのその日にやることは2つのポイン

引越しのその日にやることは2つのポイン

引越しのその日にやることは2つのポイントがあります。まずは、出ていく部屋では荷物を搬送したのちに管理会社の立ち合いで部屋の実情を確かめることです。ここで大きな汚れや傷を調査しますが、この確認が敷金の補填や別途クリーニング費用の請求に関係します。



新居ではガスの元栓を開けることが必要です。
これは業者の立ち合いが絶対です。俺は昨年、単身赴任の転居をしました。
会社員になって初めての単身の引越しでした。
会社の規則により複数社から見積もってもらい、一番安い業者を選ぶのですが、結果、赤帽になりました。はじめは不安を感じていたものの、引越し作業は手際よく進めてくれたので、次の引越しの時も赤帽に依頼したいと思いました。



転居に伴う荷物まとめの際に皿とかグラスなど、雑貨で割れやすい物はタオルや洋服などで梱包します読み終えた雑誌や、新聞もいいですが、意外と量が多くなり、処分することが困難です。引越しが終わると、多くの空ダンボールが発生しますし、そのうえ紙くずも出ると意外とスペースを取ってしまいます。引っ越しをしたなら、一番にインターネット回線を開設しないとなりません。

これまで使っていた会社を使用できればいいのですが、引っ越した先によっては今契約している会社とは契約できない場合があるので、引っ越す前に、調査しておくことが肝心です。

ネット回線会社に照会してみると、教えてくます。引っ越しして一人暮らしを始める時には、単身パックを使う方がお得になる場合が多いです。



もしも、大きめの家具や電化製品を、新しく買うのであれば、業者に頼まなくても、引っ越すことができる場合もあるかもしれません。

また、女性の一人暮らしの場合だと、ご近所への、引越しのご挨拶は差し控えた方が安全だという場合もあります。引越し業者に指示を受けると思いますが、引越しの前日には、引越し時に持っていく冷蔵庫の電源は抜いたほうが良いです。



その理由は、冷凍庫に付いた霜を溶かし、溜まってきた水を取り除くことが前もって可能になるからなのです。前もってこうしておうことで、移動させているあいだに、他の荷物や家の設備などに水が掛かることを防げるのです。
引越し=粗大ゴミの整理です。引越し時に捨てるのは困難ですから、早いうちに大きな粗大ゴミは捨てていくのがよいと思います。荷造りを始めるのと同時期に粗大ゴミを捨てておけば、のちのちが楽になります。


処分日を前もってチェックしておくと安心です。


引っ越の際の立会いはやらなくてよいと思っても必ずやっておくべきです。

家賃の発生する物件の場合には、不動産業者や大家さんが確認のために立ち会うことになります。敷金をいくら返却するか関わってきますから、可能なかぎりキレイにクリーニング作業をしておいてください。


また、リフォームをしなければならない箇所を、お互いに調べることで、トラブルを未然に防止することにもつながります。
転出する際に、覚えておかなければならない事が、多くの手続きです。
地元の役場へ届ける手続きだけでなく、電話、インターネット、ガス、水道、電気等の住所変更も重要です。

特にガスは立ち合いが必要なので、早めに手続きをしてください。
その他に、銀行の通帳や自動車運転免許証等の住所変更も可能な限り早くしておいた方がいいです。
私は引っ越しを行ったのを機に、家の中にあふれていた不用品を買取りしてもらいました。



着なくなった服や家具など、たくさんありました。業者さんに自宅まで足を運んでもらって、隅から隅まで査定を行ってもらったのです。


そうすると、思いがけない査定額が出ました。なんと私の不用品が、お金に変わったのです。かなりありがたかったです。
Copyright (C) 2014 今の新参は昔の引越し 安い業者を知らないから困る All Rights Reserved.